のりのおはなし

のりの歴史

日本の代表的な食材のひとつ「のり」。
いつから食べられ、どんなことがあったのか、その歴史を知ればもっと味わい深いものになること間違いなしです。

1300年前から食べられていた

イメージ

のりの歴史は古く、日本で最初の法律書である『大宝律令』(701年)には、朝廷への年貢として海草類があげられており、そのなかでものりは高級品だったといわれています。

平安時代は貴族の食べ物

イメージ

平安中期の法典『延喜式』(927年)によると、租税の対象にのりが定められています。このことから、のりは貴族の口にしか入らない貴重品であったことがわかります。

庶民の味は家康のおかげ

イメージ

江戸時代、のりが好きだった徳川家康に新鮮なのりを献上するため、品川・大森を中心とする東京湾でのりの養殖が始まりました。その後、幕府は献上されたのりを市場で売り、財源としたそうです。これをきっかけに、のりは江戸の特産品として庶民にも親しまれるようになりました。

板のりの登場でのり巻きが大流行

イメージ

江戸時代中期になると、すのこですく四角い板海苔が登場します。さまざまな具を入れてごはんを巻く「のり巻き」が庶民の間で大流行し、屋台ずしと呼ばれる店も登場。江戸っ子たちは、手軽な食べ物としてのり巻きを食べていたようです。

養殖技術の革新で安定した生産へ

イメージ

イギリスのドゥルー女史がのりの糸状体を発見したのは昭和24年(1949年)のこと。それに基づいて、それまで不明だったのりのライフサイクルが解明されてのり養殖の技術は革新的な発達をしました。それにより年々生産量が増加し安定した生産ができるようになりました。

「のり」の産地を紹介! 海の恵みの健康食!

昔からのりは食卓に欠かせない食品として親しまれ、周辺を海で囲まれている日本では多くの場所で養殖が行われて収穫されています。豊かな味と風味は、まさに海からのおいしい恵みです。

イメージ

写真で見るのりができるまで

のりはどうやって生産され、食卓に届けられるか、順を追って写真で紹介します。
江戸時代は漁師の経験と運で生産されていましたが、昭和になって養殖技術、機械化によりのりも安定した生産になりました。

1
イメージかき殻にのりの種子(果胞子)をつけ培養(3月〜9月)します。
2
イメージあみに種をつけて芽が出た網を海にはって養殖をします。順調に育つように1枚づつに広げて、養殖漁場いっぱいに広げます。
3
イメージのりは日中の太陽光線を受けて、濃い赤味を帯びアミノ酸をたくさん含んだ軟らかくて甘みのある海苔に育ちます。
4
イメージ海苔芽が15cm〜20cmに育ったら収穫をします。昔は手作業で重労働でしたが、現在では機械でのり摘み作業が行われます。
5
イメージ摘んだ海苔は、大型の海苔製造機械(全自動海苔乾燥機)で、細断、すく、乾燥して、乾しのりに製造します。
6
イメージ検査場では、1束100枚として持ち込まれたのりの検査が行なわれ、品質による格付を行い、その地域の海苔共同販売場に出荷されます。
7
イメージ共同販売場には、その地域の共同販売(入札会)に参加できる資格を持った問屋さん、加工屋さんなどが参加し、必要な海苔の品定めをして、競争入札による買付が行なわれます。
8
イメージ入札したのりは二次乾燥され、焼きのり、味付のりなどに加工され容量・安全性を確認後、スーパーや小売店に出荷され、私たちの食卓に並びます。

全国漁連のり事業推進協議会